[OpenBSD] 一般ユーザで pkg_info, pkg_add を使って wget をインストールする。

色んなソフトをインストールしたり何かのファイルを取得したりするとき、Linux だと wget を使うことが多いと思います。

これを OpenBSD にインストールしてみましょう。

まず、pkg_info で wget がパッケージとして提供されているかどうかを確認してみます。-Q オプションでパッケージの有無を検索することができます。

$ pkg_info -Q wget
wget-1.16.1
$

バージョン 1.16.1 の wget が OpenBSD のパッケージとして用意されていることが確認できました。

今度は pkg_add でインストールしてみます。

$ pkg_add wget-1.16.1
Fatal error: pkg_add must be run as root
at /usr/libdata/perl5/OpenBSD/AddDelete.pm line 62.
$ sudo pkg_add wget-1.16.1
Password:
quirks-2.54 signed on 2015-03-09T11:04:08Z
wget-1.16.1:pcre-8.35: ok
wget-1.16.1:libiconv-1.14p1: ok
wget-1.16.1:gettext-0.19.4: ok
wget-1.16.1:libidn-1.29p0: ok
wget-1.16.1: ok
$

一般ユーザの場合ルート権限がないと怒られますので sudo を付けて実行します。

$ which wget
/usr/local/bin/wget
$

/usr/local/bin に wget がインストールされました。

(Visited 753 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください