[SoftEther VPN] SoftEther VPN サーバー管理マネージャで SecureNAT を設定する。

(1)SecureNAT を設定する仮想 HUB を選択

SecureNAT は仮想 HUB ごとに有効にする・しないを選択することが可能なので、まずは SecureNAT を有効にする仮想 HUB を選択します。
SecureNAT_0仮想HUBの選択

(2)SecureNAT の設定を行う画面へ

SecureNAT = 仮想 NAT + 仮想 DHCP サーバ機能のため、これをクリックします。
SecureNAT_1設定する

(3)SecureNAT を有効にする

ここで SecureNAT を ON にします。
SecureNAT_2起動させる

(4)確認画面が起動するので OK をクリックする

SecureNAT_3確認画面

(5)SecureNAT の細かい設定をする画面へ

SecureNAT_4細かい設定

(6)仮想 DHCP サーバが配布する DNS サーバの IP を変更する

DNS サーバは Google の DNS を使わせたいので、8.8.8.8 と 8.8.4.4 を指定しています。
SecureNAT_5DNSサーバの変更

(Visited 602 times, 1 visits today)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください