[SoftEther VPN] SecureNAT の仮想 NAT 機能を OFF にする。

SoftEther VPN サーバー管理マネージャを使用して SecureNAT の仮想NAT 機能を OFF にする方法をご紹介します。下記のように操作していくと仮想 NAT を ON にすることができますが、仮想 NAT 機能を使わず仮想 DHCP サーバーだけ使うケースというのは非常に稀だと思います。

仮想 DHCP サーバーを使う時、配布する IP はほとんどの場合プライベート IP アドレスになるでしょう。インターネットで通信するにはグローバル IP アドレスが必要ですが、仮想 NAT を使用しない場合、どのようにグローバル IP に変換して通信させるのかという問題が残ってきます。

ですから、本エントリーの内容はあくまで参考程度、このような設定があるんだ、くらいの理解にとどめておくのが良いでしょう。

 

skitch.0

skitch.1

skitch.2

skitch.3

skitch.4

[仮想 NAT 機能を使用する(A)] のチェックを外します。

(Visited 1,329 times, 1 visits today)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください