[RTX1100] WAN 側インターフェイスの lan3 にグローバル IP アドレスを設定する。

利用しているプロバイダーからグローバル IP 割り当てサービスの通知が届いたので、WAN 側インタフェースである lan3 の IP をこのグローバル IP に変更していきます。

プロバイダーからの通知を良くみると「固定グローバル IP アドレス割り当て」と書かれていて、「あ、固定 IP を使わせてくれるんだ」といまさら気がつく。グローバル IP はグローバル IP でもてっきり固定割り当てではないと思っていたので少し驚きました。

なにはともあれ RTX1100 に設定していきますが、設定項目的には

  • lan3 にグローバル IP
  • サブネットマスク
  • デフォルトゲートウェイ

の3つだけです。

プロバイダー側のルータとルーティングプロトコルをしゃべるわけではないので、スタティックルーティングでデフォゲにパケットを投げるだけです。

プロバイダーからの通知には、プロバイダーの DNS サーバの IP も含まれていましたが、僕は DNS はグーグルのパブリック DNS を使うので、プロバイダーの DNS は使わないことにします。

設定するコマンドを下記に書きますが、IP アドレス とサブネットの値は適当です。

# ip lan3 address 11.22.33.44/24
# ip route default gateway 11.22.33.254

これだけです。

save コマンドでコンフィグを保存したら、show config や show ip route で設定内容の確認をしておくと良いでしょう。

参考までに show config は以下のようになっています。

# show config
ip route default gateway 11.22.33.254
ip lan1 address 10.1.0.1/24
ip lan3 address 11.22.33.44/24
ip lan3 nat descriptor 1
nat descriptor type 1 masquerade
nat descriptor address outer 1 primary
dhcp service server
dhcp scope 1 10.1.0.2-10.1.0.254/24
dns server 8.8.8.8 8.8.4.4
schedule at 1 */* 01:00 * ntpdate ntp.nict.jp syslog
schedule at 2 */* 13:00 * ntpdate ntp.jst.mfeed.ad.jp syslog
#

lan3 の IP とサブネット、デフォルトゲートウェイの設定は書き換えていますが、それ以外は実際に使用している設定内容になっています。

(Visited 1,934 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください