[SRT100] はじめてのログインから WAN 側 (LAN2) の IP を変更する方法まで

前提条件

SRT100 が初期化(工場出荷時の状態)されている状態であること。

用意するもの

SRT100 を操作するためのパソコン。これに 192.168.100.2/24 の IP アドレスを割り当てておく。なんで 192.168.100.2/24 かというと、SRT100 は工場出荷状態だと 192.168.100.1/24 という IP が設定されるからです。

デフォルトゲートウェイ(デフォゲ)は設定しなくても良いです。

今回僕は Ubuntu をインストールしているパソコンを使いました。

[手順1] Ubuntu パソコンと SRT100 の LAN1 を LAN ケーブルで接続する

SRT100 の LAN1 にはポートが 4 個ありますが、どこでも良いです。僕は LAN1-1 を使いました。このポートと Ubuntu パソコンを LAN ケーブルで接続します。

[手順2] SRT100 の電源を入れる

コンセントに挿してスイッチを ON にすると SRT100 が起動してきます。

[手順3] 不要なスタティックルートを消す

※この手順 3 は不要なデフォルトゲートウェイが設定されてしまう場合の対応方法です。デフォゲが設定されないなら手順 4 へ進んでください。

SRT100 が起動してくるとリンクアップします。

Ubuntu パソコンでインターフェイスの状態をチェックします。

$ ifconfig
enp0s25   Link encap:イーサネット  ハードウェアアドレス 70:58:12:22:c1:18  
          inetアドレス:192.168.100.2  ブロードキャスト:192.168.100.255  マスク:255.255.255.0
          inet6アドレス: fe80::50a3:1ec0:7765:1ba9/64 範囲:リンク
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  メトリック:1
          RXパケット:1135 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 フレーム:0
          TXパケット:1298 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 キャリア:0
          衝突(Collisions):0 TXキュー長:1000 
          RXバイト:85092 (85.0 KB)  TXバイト:154303 (154.3 KB)
          割り込み:20 メモリ:f4a00000-f4a20000 

lo        Link encap:ローカルループバック  
          inetアドレス:127.0.0.1  マスク:255.0.0.0
          inet6アドレス: ::1/128 範囲:ホスト
          UP LOOPBACK RUNNING  MTU:65536  メトリック:1
          RXパケット:63951 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 フレーム:0
          TXパケット:63951 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 キャリア:0
          衝突(Collisions):0 TXキュー長:1000 
          RXバイト:6369239 (6.3 MB)  TXバイト:6369239 (6.3 MB)

wlp10s0   Link encap:イーサネット  ハードウェアアドレス 58:94:6b:9f:ab:0c  
          inetアドレス:10.1.0.10  ブロードキャスト:10.1.0.255  マスク:255.255.255.0
          inet6アドレス: fe80::80c2:e30e:2f0:e4ec/64 範囲:リンク
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  メトリック:1
          RXパケット:55730952 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 フレーム:0
          TXパケット:53879169 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 キャリア:0
          衝突(Collisions):0 TXキュー長:1000 
          RXバイト:18247570996 (18.2 GB)  TXバイト:13109332418 (13.1 GB)

$ 

enp0s25 というインタフェースに設定している IP = 192.168.100.2 が SRT100 設定用に設定したスタティック IP アドレスです。

wlp10s0 は Wi-Fi のインターフェイスです。

この時、SRT100 で DHCP サーバが動いているせいか、192.168.100.1 というデフォゲが Ubuntu パソコンに設定されてしまいました。

$ netstat -rn
カーネルIP経路テーブル
受信先サイト    ゲートウェイ    ネットマスク   フラグ   MSS Window  irtt インタフェース
0.0.0.0         192.168.100.1   0.0.0.0         UG        0 0          0 enp0s25
0.0.0.0         10.1.0.1        0.0.0.0         UG        0 0          0 wlp10s0
10.1.0.0        0.0.0.0         255.255.255.0   U         0 0          0 wlp10s0
169.254.0.0     0.0.0.0         255.255.0.0     U         0 0          0 wlp10s0
192.168.100.0   0.0.0.0         255.255.255.0   U         0 0          0 enp0s25
$

こうなると、デフォゲが 2 つ存在することになり通信がおかしくなります。

192.168.100.1 というデフォゲは不要なのでこれを消します。

$ sudo route del -net 0.0.0.0 netmask 0.0.0.0 gw 192.168.100.1
[sudo] oreore のパスワード: 
$ netstat -rn
カーネルIP経路テーブル
受信先サイト ゲートウェイ ネットマスク フラグ MSS Window irtt インタフェース
0.0.0.0 10.1.0.1 0.0.0.0 UG 0 0 0 wlp10s0
10.1.0.0 0.0.0.0 255.255.255.0 U 0 0 0 wlp10s0
169.254.0.0 0.0.0.0 255.255.0.0 U 0 0 0 wlp10s0
192.168.100.0 0.0.0.0 255.255.255.0 U 0 0 0 enp0s25
$ 

不要なデフォゲが消えました。

[手順4] ブラウザーで SRT100 の管理者画面にアクセスする

ブラウザーで 192.168.100.1 にアクセスします。

ユーザー名は未記入でパスワードのところに doremi と入力し、OK をクリックします。

管理者向けトップページへ のところをクリックすると、下記オレンジ色っぽい画像の画面が開きます。これが管理者画面です。

[手順5] WAN 側 IP を LAN2 に設定する

インターフェイス をクリックします。

LAN2 のところの 詳細 をクリックします。

設定 をクリックします。

固定のアドレスを設定する のところにチェックを入れ、固定 IP を設定します。今回僕は 172.16.1.3/24 という IP を割り当てました。

確認 をクリックします。

登録 をクリックします。

これで WAN 側 インタフェースにスタティック IP を設定できました。メイン画面に戻る をクリックします。

[手順6] デフォルトゲートウェイを設定する

SRT100 の IP が変更されたことにより Ubuntu パソコンからは通信できなくなりますので、まず Ubuntu パソコンの IP を 172.16.1.0/24 のセグメントの IP に変更します。そしてもう一度 SRT100 にアクセスします。

今度はブラウザーで 172.16.1.3 にアクセスすれば良いわけです。

さっきと同じ要領でログインしたら、管理者向けトップページへ をクリックして管理者ページに移動します。

上記のように、

  1. インターフェース をクリックして
  2. デフォルトゲートウェイの IP を入力して
  3. 追加 をクリックします。

登録 をクリックします。

メイン画面に戻る をクリックして終了です。

ここまでの設定が終わると

我が家のパソコン環境の場合ですが、172.16.1.0/24 というセグメントがあります。そこのハブにこの SRT100 を接続することで、普段メインで使っているセグメントである 10.1.0.0/24 から SRT100 へアクセスできるようになります。

だから Ubuntu パソコンの役割もこれで一旦終了です。

ただし!1 つ注意が必要です。

ファームウェアのバージョン Rev.4.01.06 以降は、HTTP サーバのセキュリティ機能が追加されているらしく、同じセグメントの IP (我が家の環境の場合 172.16.1.0/24 のアドレス帯) からしか SRT100 にブラウザーでアクセスできないようになっています。

そこで僕は 10.1.0.0/24 から 172.16.1.0/24 の通信は、ルータ (ヤマハ RTX1000) で NAT して 172.16.1.1 (ヤマハ RTX1000 の IP) からのアクセスに見えるように RTX1100 に NAT 設定を加えました。

この NAT 設定については次の記事で書きます。

(Visited 624 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください