初期化された RTX810 にコンソールケーブル無しで telnet でログインする方法

前書き

我が家に届いたヤマハルータ RTX810 をセットアップしていく。まずは何はともあれログインするところからだ。

セットアップする環境

パソコン 1 台と LAN ケーブルが 1 本必要です。

僕はパナソニックのレッツノートにインストールしてある Ubuntu を使う。もちろん Ubuntu である必要はなく Windows でも Mac でも問題ないが、LAN ケーブルを使うので LAN ポートがあることが必須だ。

僕の場合はレッツノートの LAN ポートと RTX810 の LAN インターフェイス (4 ポートあるがどこでも良い) を LAN ケーブルに接続すれば物理環境としては準備完了だ。

RTX810 の電源を ON にして立ち上げておこう。

RTX810 にログインする方法

簡単に流れを説明すると、RTX810 に最初から設定されている IP アドレス である 192.168.100.1 に telnet する形になる。

(ブラウザーから http://192.168.100.1 と叩けばそこから設定できると思うが、僕はほとんどの場合コマンド操作で設定する)

だからまずパソコンに RTX810 と同じアドレス帯の IP を設定する。今回僕は nmtui コマンドで IP 設定を変更。192.168.100.11/24 を Ubuntu に割り当てた。

デフォルトゲートウェイは設定しなくても構わない。

telnet で RTX810 にログインしてみる。

$ telnet 192.168.100.1
Trying 192.168.100.1…
Connected to 192.168.100.1.
Escape character is '^]'.
Password: 
RTX810 BootROM Ver. 1.00
RTX810 FlashROM Table Ver. 1.01
RTX810 Rev.11.01.34 (Tue Nov 26 18:39:12 2019)
Copyright (c) 1994-2019 Yamaha Corporation. All Rights Reserved.
To display the software copyright statement, use 'show copyright' command.
00:a0:de:cb:6f:17, 00:a0:de:cb:6f:18
Memory 128Mbytes, 2LAN
The login password is factory default setting. Please request an administrator to change the password by the 'login password' command.
> administrator 
Password: 
The administrator password is factory default setting. Please change the password by the 'administrator password' command.
#

パスワードを聞いてくるが、デフォルトでは設定されていないのでエンターを押せば大丈夫。

これで RTX810 に無事ログインができた。

(Visited 103 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください