ヤマハルータ RTX810 に ssh ログインできるようにして telnet ログインできないようにした

前書き

家庭用のルータで使ってる形ではあるけど、そろそろ ssh ログインしかできないようにしておこうと思った。

ssh ログインできるようにする設定

# show config | grep ssh
Searching ...
#
# sshd host key generate 2048
Generating public/private dsa key pair ...
|*******
Generating public/private rsa key pair ...
|*******
# sshd service on
# sshd session 2
#
# show config | grep ssh
Searching ...
sshd service on
sshd session 2
sshd host key generate *
#

ssh ログインするときに使うユーザーを作る

# login user nobi 
New_Password: 
New_Password: 
Password Strength : Weak
# 

telnet ログインできないようにする設定

# telnetd service off
# save
Saving ... CONFIG0 Done .
#

ssh ログインできるようになったことを確認する

$ ssh nobi@172.16.1.1
nobi@172.16.1.1's password:

RTX810 BootROM Ver. 1.00
RTX810 FlashROM Table Ver. 1.01

RTX810 Rev.11.01.34 (Tue Nov 26 18:39:12 2019)
Copyright (c) 1994-2019 Yamaha Corporation. All Rights Reserved.
To display the software copyright statement, use 'show copyright' command.
00:a0:de:cb:6f:17, 00:a0:de:cb:6f:18
Memory 128Mbytes, 2LAN
>
> administrator
Password:
#

telnet ログインできなくなったことを確認する

$ telnet 172.16.1.1
Trying 172.16.1.1...
telnet: connect to address 172.16.1.1: Connection refused
telnet: Unable to connect to remote host
$

上記は MacBook Pro から telnet ログインしようとして拒否された時の様子。

(Visited 64 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください