[Ubuntu] 接続済みの通信を表示させたいときに使う netstat コマンドのオプション

netstat コマンドを使うのは覚えていられるが、オプションをいつも忘れてしまうのでここにメモしておく。

netstat -ant

オプションの大雑把な意味としては

  • -a は全部表示させる
  • -n は IP アドレスのまま表示させる
  • -t は TCP のみ表示させる

上記コマンドだと表示が多すぎるので、以下のように削ることも有効だ。

netstat -ant4

-ant4 の 4 は IPv4 の通信のみ表示させるという意味っぽい。ということは、

netstat -ant6

とすることで IPv6 通信のみ表示、と思われるが、正直に言ってこの理解に自信がない。ので、今後の課題とする。

一番僕にとって有用と感じているのが、

netstat -ant | grep ESTABLISHED

だ。

これは、想定していないポート (tcp/udp のポート) にインターネット側から接続されていないか?を確認するものだ。

今後も多用するだろう。

(Visited 6 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください