[RTX810] ネットボランチ DNS サービスにホスト名をコマンド操作で登録してみた。

前書き

我が家ではヤマハルータ RTX810 を 2 台使っている。そのうち 1 台は、マンション (管理会社) が無料で使わせてくれる光ファイバーのインターネット回線につながっている。 もう 1 台はソフトバンク光につながっている。

いずれの場合もグローバル IP が固定されていない場合には VPN を構成する際などにダイナミック DNS が必要になることが想定されるため、その方法について記録しておく。

参考にしたヤマハ公式ページ: コマンドを使用してホストアドレス・電話アドレスの登録/削除を行う

ネットボランチ DNS サービスはヤマハが提供している Dynamic DNS サービスです。

設定

PPPoE を使っておらず DHCP でプロバイダーから IP が払い出されている場合には、以下のようにコマンドを入力すれば良い。

# netvolante-dns hostname host lan2 hoge-rtx810-01
# netvolante-dns go lan2

(Netvolante DNS server 1)
Entry [hoge-rtx810-01.aa0.netvolante.jp]
Save new configuration ? (Y/N)YSaving ... CONFIG0 Done .
#

上記のように 2 つコマンドを実行すると、Entry の後ろのカッコの中に表示されるのがネットボランチ DNS サービスで付与されたホスト名になる。今回の例でいうと、hoge-rtx810-01.aa0.netvolante.jp になる。

PPPoE を使っている場合には以下のようにする。

# pp select 1
# netvolante-dns hostname host pp hoge-rtx810-02 
# netvolante-dns go pp 1 

(Netvolante DNS server 1)
Entry [hoge-rtx810-02.aa0.netvolante.jp]
Save new configuration ? (Y/N)YSaving ... CONFIG0 Done .
# 

確認

適当な端末から dig か nslookup で名前解決してみる。

$ dig hoge-rtx810-01.aa0.netvolante.jp

; <<>> DiG 9.10.6 <<>> hoge-rtx810-01.aa0.netvolante.jp
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 22132
;; flags: qr rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 1, AUTHORITY: 0, ADDITIONAL: 1

;; OPT PSEUDOSECTION:
; EDNS: version: 0, flags:; udp: 512
;; QUESTION SECTION:
;hoge-rtx810-01.aa0.netvolante.jp. IN	A

;; ANSWER SECTION:
hoge-rtx810-01.aa0.netvolante.jp. 60 IN A	172.xxx.yyy.zzz

;; Query time: 33 msec
;; SERVER: 192.168.86.1#53(192.168.86.1)
;; WHEN: Sat Oct 23 15:52:07 JST 2021
;; MSG SIZE  rcvd: 79

$

ANSWER SECTION のところで、意図したグローバル IP アドレスが返ってくればオーケーだ。

疑問

プロバイダーから割り当てられているグローバル IP が変わったらどうなるのだ?と疑問に思いググってみると、ルータ (RTX810) が勝手にネットボランチ DNS サービスに更新通知してくれるようだ。以下のヤマハ公式サイトにそのように書いてあった。

ネットボランチDNSサービスとは

(Visited 24 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください