久しぶりに LAN ケーブルを買おうとしたら安かったので5本も買ってしまった。

我が家のパソコン環境では有線 LAN をまだ使用しています。もちろん無線 LAN (Wi-Fi) も使っていますがサーバーとして稼働させるパソコンに関しては有線 LAN の方がたとえそれが 100 Mbps であってもパフォーマンスが良いのでは?と思っているからです。

どういう時にパフォーマンスが気になるかというと、外出先で自宅の LAN に VPN 接続するときです。SoftEther VPN で VPN を構築しているのですが、外出先からリモートログインする際、とくに GUI でログインする時にはどうしてもパフォーマンス(レスポンスの速さ)が気になります。

VPN で外出先から自宅 LAN に接続した際に、有線 LAN と無線 LAN でレスポンスの良し悪しを計測したことはありませんが、なんとなく有線 LAN の方が良いのではと思っているので有線 LAN をまだ使っています。

サーバー用途のパソコンであればそもそも Wi-Fi でつなごうとあまり考えていないというのもあります。

いまサーバーを新たに1台構築しようと考えていて、それで設置場所や部屋のレイアウトを考えた際、一箇所に置くとコンセントを消費し過ぎるし、ごちゃごちゃしすぎるのでもう一箇所別の場所に置こうと考えた際に有線 LAN で繋ぐ必要が出てきたという感じです。

A 地点と B 地点を接続するようなイメージです。直線距離としては 3m 少々といったところなので 5m のケーブルを探したところ、 5 本で 1500 円という安いケーブルが見つかったので購入しました。


購入した LAN ケーブル

2 本だけ必要なんですがあまりに安かったので5 本入りを買ってしまいました。

Cable Matters Japan というメーカーさんの LAN ケーブルです。Cable Matters ってなんじゃ?と思いましたがアマゾンでのレビューが良かったので細かいことを考えずにポチしました。

【追記】手元に届いて気がついたのですがこのケーブルは太いです。写真でみるとスリムタイプのケーブルのように見えますが実はそうではなかったです。アマゾンのレビューは良かったけど、やっぱり安かろう悪かろうでした。

(Visited 146 times, 1 visits today)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください