Windowsパソコンにインストールするソフト

中古で購入した ThinkPad X201 が届きましたので、今日はこのパソコンのセットアップを行っていました。今後のパソコン導入時の参考用にインストールしたソフトをメモしておこうと思います。

・Kingsoft AntiVirus
・Kingsoft System Defender
・Google日本語入力
・パケット警察
・Google Chrome
・Firefox
・Dropbox(※)
・Skype(※)
・Evernote(※)
・Googleドライブ(※)
・OneDrive(※)
・TeamViewer
・Splashtop
・LibreOffice

何をインストールする必要があるだろう?と考えた時に頭に思い浮かんだ順番にリストアップしてみました。すべて無料のソフトです。

こうやって眺めてみると、パソコンに必要なソフトのほとんどが、ブラウザーとクラウドを使用するためのアプリになっていますね。今回はWindowsパソコンなのでウイルスソフトもインストールしていますが、それ以外に必要なものはブラウザーとクラウドで十分なんですね。

ちなみに ※ をつけているソフトは、Windows/Mac OS/Linux で使用していますし、iPhone/iPad でも使用しています。クラウドに保存しているデータをいろんなパソコン・スマホ・タブレットで共有・共用しています。

今後アンドロイドのスマホ・タブレットを使うことになったら、アンドロイドでも使うことになるでしょう。

Splashtop はまだ利用頻度が低いのですが、Mac OS と Windows 間で使うことが増えてくるかもしれません。今は、iPad で MacBook Air を操作したいときに使用しているだけです。

メインのパソコンは、MacBook Air ですし、リナックスパソコンも使っているから Windowsに求めるものはこれくらいでいいというのが今回わかりました。

これから先なにか追加でインストールするにしても、今日インストールしたソフトを使うことがほとんどになるだろうなと予想しています。

(Visited 41 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください