[Kona Linux] MacBook Air で別の USB メモリーでインストールメディアを作りなおした手順

今度使用する USB メモリーは東芝製の4ギガものです。

↑ コレです。

MacBook Air に挿して diskutil コマンドで確認してみます。

$ diskutil list
/dev/disk0
#: TYPE NAME SIZE IDENTIFIER
0: GUID_partition_scheme *251.0 GB disk0
1: EFI EFI 209.7 MB disk0s1
2: Apple_CoreStorage 250.1 GB disk0s2
3: Apple_Boot Recovery HD 650.0 MB disk0s3
/dev/disk1
#: TYPE NAME SIZE IDENTIFIER
0: Apple_HFS Macintosh HD *249.8 GB disk1
Logical Volume on disk0s2
CE63B7D8-297E-46AF-954C-7486C6BD44C0
Unlocked Encrypted
/dev/disk2
#: TYPE NAME SIZE IDENTIFIER
0: FDisk_partition_scheme *3.9 GB disk2
1: OpenBSD 251.6 MB disk2s4
$

/dev/disk2 がそうです。3.9 GB とか OpenBSD とか書かれています。この USB メモリーは以前 OpenBSD をインストールするときにも使用した USB メモリーなんだと思います。

では、dd を行います。

$ sudo dd if=/tmp/konalinux-3.0_i386.iso of=/dev/disk2 bs=16k
93307+1 records in
93307+1 records out
1528754176 bytes transferred in 814.409814 secs (1877131 bytes/sec)
$

これで USB メモリーができあがりました。

が、

しかし、

やっぱり、

ThinkPad X60 に挿して電源を ON にしても USB メモリーから Kona Linux が起動してこず Lubuntu が起動してしまう。

さらに他の USB メモリーも試してみるか?

その手もあるが、ちょっと違う方法を試したくなってみたのでそれを試してみることにする。

その方法は、USB メモリーにパーティションを切り、そのパーティションに対して dd コマンドで Kona Linux のインストールイメージをコピーしてみるというものだ。

ま、どうしてコレが機能すると思うのか?はさておきやるだけやってみようと思う。

続く。

(Visited 150 times, 1 visits today)

Follow me!

暗号通貨 CtC の ICO ってなんだ?

海外旅行に行った時の余った小銭、また自宅に眠っている使わない小銭が暗号通貨の資産に変わる。

ビットコインを買うのはハードルが高いと思っている世代の子供達でも小銭をビットコインに変えれるのであれば、 気軽に暗号通貨に触れ合うきっかけになればと思って始まったのが CtC (coin to coin) プロジェクトです。

今回はより多くの人にその暗号通貨市場の成長、可能性を感じてもらえるように、ビットコインだけではなく、イーサリアム、そして CtC コインを準備しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です