[Sophos UTM] 自宅インターネットのセキュリティ対策に無償 UTM を導入する方法②

*** 追記 ***

前回の記事 と この記事 で説明した方法では Sophos UTM Home Edition を上手くインストールできませんでした。インストール中に、

  • install.tar wasn’t found on the installation media.

と表示されてインストールを完了できない事象に遭遇。それを回避する方法が見つからなかった(探すのが面倒だった)ため失敗に終わりました。

それと気になったのがソフトウェア版の Sophos UTM は USB のイーサネットアダプタ (いわゆる NIC) のサポートが弱いような気がします。

この記事は単なる記録用として残しています。

この記事では

インストール用 USB メモリー作成までを説明します。

前提条件

MacBook Air を使います。

注意事項

Sophos UTM の OS イメージをダウンロードして、単純に dd で丸コピーするだけではダメみたいです。OS イメージの中にブートローダーが含まれていない、ってことが原因みたいです。

だから、ブータブルな USB メモリーを作れるソフトの力 (今回は UNetbootin を使います) を借りないといけないみたいです。

インストール用 USB メモリー作成の大雑把な流れ

  1. Sophos UTM の OS イメージをダウンロードする
  2. USB メモリーを FAT 32 でフォーマットする
  3. UNetbootin をダウンロードして起動する
  4. ダウンロードした OS イメージを UNetbootin で USB メモリーに書き込む

前回の記事で 1 は終わっていますので、今回は 2, 3, 4 について説明します。

ディスクユーティティで USB メモリーを FAT 32 にフォーマットする

MacBook Air に USB メモリーを挿入します。

まず起動します。ディスクユーティリティがどこにあるかわからない場合は、以下のようにして探すと良いでしょう。

それから USB メモリーを選択し、消去 をクリックします。

フォーマット: のところを MS-DOS (FAT) にし、消去 をクリックします。名前: のところは適当に入力しましょう。

終わったら 完了 をクリックします。

USB メモリーのフォーマットはここまで。

UNetbootin をダウンロードして起動する

UNetbootin のサイト にアクセスして Mac 用の UNetbootin をダウンロードします。

ファイルを保存 をクリックします。

unetbootin をクリックして起動させます。

以下のように開けないことがあります。

こういうときは リンゴマーク → システム環境設定 をクリックします。このまま開く をクリックします。

開く をクリックして UNetbootin を起動させます。

パスワード: のところにパスワードを入力して OK をクリックすると UNetbootin が起動してきます。

OS イメージを USB メモリーに書き込む。

以下のように、

  • Diskimage にチェックを付けて、ダウンロードした OS イメージ (ISO ファイル) を選択します。
  • Drive: のところで MacBook Air に挿入したUSB メモリーを選択して OK をクリックします。

USB メモリーへの書き込みが始まります。終わるまで待ちます。

以下の画面が出たら USB メモリーのできあがり。Exit をクリックします。

これで USB メモリーに Sophos UTM の OS イメージ がコピーできました。今回の記事はここまで。

次回はこの USB メモリーを使ってパソコンに Sophos UTM をインストールしていきます。

(Visited 394 times, 1 visits today)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください