[SoftEther VPN] 遠隔地から VPN 接続してきた VPN クライアントに対して SSH でログインできるか?

想定する構成

東京にある自宅のパソコン (OS は CentOS) に SoftEther VPN サーバを構築した。実家の岡山にあるパソコン (OS はペパーミント) には SoftEther VPN クライアントを導入した。

素朴な疑問

岡山のパソコンが 東京 の SoftEther VPN サーバに VPN 接続しているとき、東京側の別パソコン (OS は Ubuntu) から岡山のパソコンに SSH でログインできるものなのか?

これは長い間素朴な疑問でした。

答えは YES でした。

なぜ接続できたのか?

まず IP アドレスを整理する。

  • 岡山のパソコン (ペパーミント) : 10.1.0.11 
  • 東京のパソコン (Ubuntu) : 10.1.0.10

となっています。

10.1.0.11 は、ペパーミントの仮想 LAN カードに設定され、10.1.0.10 は、Ubuntu の物理 IF (LAN ポート) に設定されています。

SoftEther VPN によってこの 2 台のパソコンは、同じセグメントに所属している 2 台のパソコン状態になっていますので、Direct に通信できます。

つまり、Ubuntu からペパーミントに対して SSH で接続できるのは当然となるわけです。

もちろん、ペパーミント側に SSH サーバがインストール&設定がなされている必要はあります。

ややこしかったのはどっちがクライアントでどっちがサーバ?

ペパーミントは、VPN に関してはクライアント側になりますが、SSH に関してはサーバ側になっています。ややこしかったのはこの点ですね。

  • 誰が、何のプロトコルでは、クライアント側なのか?
  • 誰が、何のプロトコルでは、サーバ側なのか?

ここを整理すれば自ずと答えは見えてくるということでした。

(Visited 100 times, 1 visits today)

Follow me!

暗号通貨 CtC の ICO ってなんだ?

海外旅行に行った時の余った小銭、また自宅に眠っている使わない小銭が暗号通貨の資産に変わる。

ビットコインを買うのはハードルが高いと思っている世代の子供達でも小銭をビットコインに変えれるのであれば、 気軽に暗号通貨に触れ合うきっかけになればと思って始まったのが CtC (coin to coin) プロジェクトです。

今回はより多くの人にその暗号通貨市場の成長、可能性を感じてもらえるように、ビットコインだけではなく、イーサリアム、そして CtC コインを準備しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です