レッツノート CF-S10 の内蔵 HDD を SSD に換装する手順(写真付き)

さて今日は先日購入した CF-S10 の SSD 化をやろうと思います。内蔵 HDD には Windows 7 が入っていますが、パフォーマンスを上げるために SSD にします。しばらくこの HDD は壊さないでとっておく予定です。

SSD 化が終わったら、TrueOS をインストールする予定です。


導入する SSD は、SanDisk の 480 GB ものです。

それではここから SSD 化の手順を写真付きで紹介します。


レッツノート CF-S10 をひっくり返したところ。ここから作業開始です。

まずバッテリーを外します。

バッテリーを外したら見えてくるココに HDD が入っています。

まずこのネジを外します。

外れました。

もう1つ。3つ並んでいるネジの真ん中のものを外します。

外れました。

2つのネジを外すことによってこの HDD の上蓋のようなものを手で外すことができます。

HDD をこのあたりまで引っ張り出します。写真に写っている透明なテープのようなものを引っ張って引き出します。

コネクターを HDD から外します。

HDD を引っこ抜いたところです。

取り出した HDD の裏側です。

HDD の表側です。東芝の HDD です。

SSD と並べてみたところ。

ひっくり返してみました。

SSD をこの辺りまで差し込みます。差し込んだらコネクターを SSD と接続します。ポイントはゆっくりと差し込むことと、差し込む時にパソコンの中身と絡まったりしないようにすることです。

SSD を奥まで差し込んだところです。

上蓋をはめ込みます。

ネジをもとに戻します。

もう一個のネジも戻します。

バッテリーを戻します。

電源を入れて F2 を押し、BIOS 画面に入ります。Sandisk の 480 G を認識しています。上手く行ったようです。これで終了です。

(Visited 801 times, 2 visits today)

Follow me!

暗号通貨 CtC の ICO ってなんだ?

海外旅行に行った時の余った小銭、また自宅に眠っている使わない小銭が暗号通貨の資産に変わる。

ビットコインを買うのはハードルが高いと思っている世代の子供達でも小銭をビットコインに変えれるのであれば、 気軽に暗号通貨に触れ合うきっかけになればと思って始まったのが CtC (coin to coin) プロジェクトです。

今回はより多くの人にその暗号通貨市場の成長、可能性を感じてもらえるように、ビットコインだけではなく、イーサリアム、そして CtC コインを準備しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です