[FreeBSD] ThinkPad T60 にインストールしてみようと思い立った。

FreeBSD

Windows XP が稼働している ThinkPad T60 に FreeBSD をインストールしてみようと思います。きっかけは、HDD の音がガリガリとうるさいので SSD への換装をしようと思い立ち、そのついでに XP をやめて Linux でもインストールしようかと考え始めたことです。

Linux でも良かったのですが、どのディストリビューションにしようかと考えるのがだんだんと面倒くさくなり、じゃあこれまでほとんど触ったことのない FreeBSD にしようという安易なノリで始めてみます。

もともとこの T60 は、SoftEther VPN(VPN Gate も含む) を稼働させるためだけのパソコンでしたが、この VPN サーバとしての機能も FreeBSD をインストールしてからも引き継がせてみようと思います。

HDD から SSD への換装も含んでいるので単なる FreeBSD のインストールよりもやることは増えますが、なにとなにをやらないといけないかをリストアップしてみます。

1. FreeBSD のインストールイメージをダウンロードする。
2. USB メモリーにインストールイメージをコピーする。
3. T60 の HDD を SSD へ換装する。
4. USB メモリーから T60 に FreeBSD をインストールする。
5. FreeBSD 上に SoftEther VPN をインストールする。
6. SoftEther VPN を稼働させる。

ざっと考えてみると上記を行うことになります。さて、どんな風に進んでいくかたのしみながらやってみようと思います。

(Visited 262 times, 1 visits today)

Follow me!

暗号通貨 CtC の ICO ってなんだ?

海外旅行に行った時の余った小銭、また自宅に眠っている使わない小銭が暗号通貨の資産に変わる。

ビットコインを買うのはハードルが高いと思っている世代の子供達でも小銭をビットコインに変えれるのであれば、 気軽に暗号通貨に触れ合うきっかけになればと思って始まったのが CtC (coin to coin) プロジェクトです。

今回はより多くの人にその暗号通貨市場の成長、可能性を感じてもらえるように、ビットコインだけではなく、イーサリアム、そして CtC コインを準備しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です