[CentOS, OpenBSD] rsync を使って端末間でデータをディレクトリごとコピーする

OpenBSD にあるディレクトリを CentOS に丸コピーするために rsync を使用します。

  • OpenBSD 172.16.1.10
  • CentOS 172.16.1.2

という IP 設定になっています。

OpenBSD にある /home/oreore/ruby ディレクトリを丸ごと CentOS 側にコピーして CentOS 側でも /home/oreore/ruby というディレクトリ構成にします。

前提として OpenBSD と CentOS で oreore というアカウントが作られている必要があります。

CentOS 側で以下のように rsync コマンドを実行します。

$ rsync -a oreore@172.16.1.10:/home/oreore/ruby/ /home/oreore/ruby
oreore@172.16.1.10’s password:
$

注意事項としては、oreore@172.16.1.10:/home/oreore/ruby/ の一番最後に / を付けてください。これを付けないと CentOS 側のディレクトリ構成が /home/oreore/ruby/ruby になってしまいました。

$ ls -d /home/oreore/ruby
/home/oreore/ruby
$

無事 /home/oreore/ruby ディレクトリが CentOS 側で作成されました。もちろん /home/oreore/ruby 配下のファイルもあわせてコピーされています。

同じ要領で OpenBSD 側から CentOS 側へ下記ディレクトリ

  • /home/oreore/python
  • /home/oreore/sh
  • /home/oreore/watir

も丸ごとコピーしたいので下記コマンドを CentOS 側で叩いておきます。

$ rsync -a oreore@172.16.1.10:/home/oreore/sh/ /home/oreore/sh
oreore@172.16.1.10’s password:
$ rsync -a oreore@172.16.1.10:/home/oreore/watir/ /home/oreore/watir
oreore@172.16.1.10’s password:
$ rsync -a oreore@172.16.1.10:/home/oreore/python/ /home/oreore/python
oreore@172.16.1.10’s password:
$ ls -1F /home/oreore
python/
ruby/
sh/
watir/
$

できました!これで引っ越し完了です。これから CentOS 上で ruby などのスクリプトを書いていこうと思ってます。今ある OpenBSD は一旦スクラップしてしまいます。

(Visited 61 times, 1 visits today)

Follow me!

暗号通貨 CtC の ICO ってなんだ?

海外旅行に行った時の余った小銭、また自宅に眠っている使わない小銭が暗号通貨の資産に変わる。

ビットコインを買うのはハードルが高いと思っている世代の子供達でも小銭をビットコインに変えれるのであれば、 気軽に暗号通貨に触れ合うきっかけになればと思って始まったのが CtC (coin to coin) プロジェクトです。

今回はより多くの人にその暗号通貨市場の成長、可能性を感じてもらえるように、ビットコインだけではなく、イーサリアム、そして CtC コインを準備しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です