CentOS 7 にインストールした SoftEther VPN サーバの管理パスワードを設定して仮想 HUB を作る方法

なぜ SoftEther VPN サーバの管理パスワードが必要なのか?

管理パスワードを知らない人は SoftEther VPN サーバの設定ができません。だからこれを最初に設定してやる必要があります。

CentOS にログインして SoftEther VPN サーバに管理権限で接続する

CentOS にログインして vpncmd コマンドを使用します。

$ cd /usr/local/vpnserver/
$ ls -l vpncmd
-rwx------. 1 root root 4616241  4月 29 20:37 vpncmd
$ sudo ./vpncmd 
vpncmd コマンド - SoftEther VPN コマンドライン管理ユーティリティ
SoftEther VPN コマンドライン管理ユーティリティ (vpncmd コマンド)
Version 4.22 Build 9634   (Japanese)
Compiled 2016/11/27 15:23:56 by yagi at pc30
Copyright (c) SoftEther VPN Project. All Rights Reserved.

vpncmd プログラムを使って以下のことができます。

1. VPN Server または VPN Bridge の管理
2. VPN Client の管理
3. VPN Tools コマンドの使用 (証明書作成や通信速度測定)

1 - 3 を選択: 1

接続先の VPN Server または VPN Bridge が動作しているコンピュータの IP アドレスまたはホスト名を指定してください。
'ホスト名:ポート番号' の形式で指定すると、ポート番号も指定できます。
(ポート番号を指定しない場合は 443 が使用されます。)
何も入力せずに Enter を押すと、localhost (このコンピュータ) のポート 443 に接続します。
接続先のホスト名または IP アドレス: 

サーバーに仮想 HUB 管理モードで接続する場合は、仮想 HUB 名を入力してください。
サーバー管理モードで接続する場合は、何も入力せずに Enter を押してください。
接続先の仮想 HUB 名を入力: 
VPN Server "localhost" (ポート 443) に接続しました。

VPN Server 全体の管理権限があります。

VPN Server>

ここまでで SoftEther VPN サーバを設定できる状態(管理モードでつながっている状態)になっています。ここから操作していくわけです。

管理パスワードを設定する

ServerPasswordSet コマンドで管理パスワードを設定します。

VPN Server>ServerPasswordSet
ServerPasswordSet コマンド - VPN Server の管理者パスワードの設定
パスワードを入力してください。キャンセルするには Ctrl+D キーを押してください。

パスワード: **********
確認入力  : **********


コマンドは正常に終了しました。

VPN Server>

以上で管理パスワードの設定ができました。一度ログアウトしてパスワード入力を確認してみます。

VPN Server>exit
$ sudo ./vpncmd 
[sudo] password for nobi: 
vpncmd コマンド - SoftEther VPN コマンドライン管理ユーティリティ
SoftEther VPN コマンドライン管理ユーティリティ (vpncmd コマンド)
Version 4.22 Build 9634   (Japanese)
Compiled 2016/11/27 15:23:56 by yagi at pc30
Copyright (c) SoftEther VPN Project. All Rights Reserved.

vpncmd プログラムを使って以下のことができます。

1. VPN Server または VPN Bridge の管理
2. VPN Client の管理
3. VPN Tools コマンドの使用 (証明書作成や通信速度測定)

1 - 3 を選択: 1

接続先の VPN Server または VPN Bridge が動作しているコンピュータの IP アドレスまたはホスト名を指定してください。
'ホスト名:ポート番号' の形式で指定すると、ポート番号も指定できます。
(ポート番号を指定しない場合は 443 が使用されます。)
何も入力せずに Enter を押すと、localhost (このコンピュータ) のポート 443 に接続します。
接続先のホスト名または IP アドレス: 

サーバーに仮想 HUB 管理モードで接続する場合は、仮想 HUB 名を入力してください。
サーバー管理モードで接続する場合は、何も入力せずに Enter を押してください。
接続先の仮想 HUB 名を入力: 
パスワード: **********

VPN Server "localhost" (ポート 443) に接続しました。

VPN Server 全体の管理権限があります。

VPN Server>

上記「接続先の仮想 HUB 名を入力:」の後にパスワードを聞かれました。ここに先程設定したパスワードを正しく入力すれば、SoftEther VPN サーバへの管理アクセスができるというわけです。

仮想 HUB を作成する

HubCreate コマンドを実行します。

VPN Server>HubCreate
HubCreate コマンド - 新しい仮想 HUB の作成
作成する仮想 HUB の名前: Hgsnkn_VPN_HUB1

パスワードを入力してください。キャンセルするには Ctrl+D キーを押してください。

パスワード: **********
確認入力  : **********


コマンドは正常に終了しました。

VPN Server>

以上で作成出来ました。

HubList コマンドを実行すると、仮想 HUB を確認することができます。

VPN Server>HubList
HubList コマンド - 仮想 HUB の一覧の取得
項目            |値
----------------+-------------------
仮想 HUB 名     |DEFAULT
状態            |オンライン
種類            |スタンドアロン
ユーザー        |0
グループ        |0
セッション      |0
MAC テーブル    |0
IP テーブル     |0
ログイン回数    |0
最終ログイン日時|2017-04-29 21:23:24
最終通信日時    |2017-04-29 21:23:24
転送バイト数    |0
転送パケット数  |0
----------------+-------------------
仮想 HUB 名     |Hgsnkn_VPN_HUB1
状態            |オンライン
種類            |スタンドアロン
ユーザー        |0
グループ        |0
セッション      |0
MAC テーブル    |0
IP テーブル     |0
ログイン回数    |0
最終ログイン日時|2017-04-30 19:34:46
最終通信日時    |2017-04-30 19:34:46
転送バイト数    |0
転送パケット数  |0
コマンドは正常に終了しました。

VPN Server>exit
$

作業の流れ、切りが良いので一旦作業終了にします。

ここから先の設定は GUI 操作で実施したいと思います。次の記事で書いていきます。

(Visited 697 times, 1 visits today)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください