パスワード管理が面倒くさくて KeePassX を MacBook Air に導入してみた!

前書き

増え続けるサイバー犯罪だからパスワードの使い回しはご法度。でも自分で管理するの面倒くさい。メモ帳に書いて保存しておくってのもアウトでしょう。

だましだまし今日までやってきましたが、ついに重い腰を上げパスワード管理ツールを導入することにしました!

KeePassX というアプリを使います。

さっそく僕のメインパソコンである MacBook Air にインストールしてみます。

KeePass の導入方法

KeePass のダウンロード

このページ にアクセスする。

下記画像の赤枠内 Downloads をクリックします。


MacOS X のところの Binary bundle v2.0.3 をクリックします。


以下のウインドウが開くので OK をクリックします。


KeePassX のインストール

ダウンロードが終わったら KeePassX-2.0.3.dmg をダブルクリックします。


以下のウインドウが開いたら、KeePassX を Applications フォルダに放り込みます。


KeePassX が追加されました!

KeePassX を起動する

上記 KeePassX のアイコンをクリックする。


セキュリティ設定により開けませんでした。OK をクリックして閉じます。

  • リンゴマーク >>> システム環境設定

をクリックします。


セキュリティとプライバシー をクリックします。


カギのマーク をクリックして設定変更を行います。


ユーザ名とパスワードを入力して ロックを解除 をクリックします。


ガキマークが開いた形になりました。このまま開く をクリックします。


開いてよいか?の確認が出たら 開く をクリックします。


KeePassX が起動しました!

「セキュリティとプライバシー」の画面は x をクリックして閉じておきます。

(Visited 27 times, 1 visits today)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です