[FreeBSD] 11.1 なぜか時刻同期の設定が失敗してたのは時刻がずれすぎていたせいらしい。

解決策

時刻がずれすぎると NTP デーモンが動作を停止させるようだ。というのは昔から知っていたが今はそんなの気にせず時刻同期してくれるようになっているもんだと思っていたらそうではなかったという話。

解決策として ntpdate コマンドで時刻を修正してから NTP デーモンを起動させる。

# ntpdate ntp.nict.jp
 4 Oct 17:10:19 ntpdate[26929]: step time server 133.243.238.243 offset 32392.633340 sec
# /etc/rc.d/ntpd start
Starting ntpd.
#

起動しました。

時刻同期の確認

伝統的なコマンドである ntpq -p を叩けば確認できます。

# ntpq -p
     remote           refid      st t when poll reach   delay   offset  jitter
==============================================================================
 0.freebsd.pool. .POOL.          16 p    -   64    0    0.000    0.000   0.000
-hachi.paina.net 131.113.192.40   2 u  117   64    2   11.865  -513.57 464.732
+extendwings.com 133.243.238.163  2 u   14   64    5    4.792  -1024.2 641.281
+www6339uj.sakur 133.130.120.204  3 u   18   64   17   23.221  -1000.8 872.001
*jp.dan.me.uk    138.96.64.10     2 u   11   64    1    3.865  -1039.1  32.436
 time.platformni 59.106.180.168   3 u    7   64    1    3.298  -1059.1  32.886
# 

上記では、jp.dan.me.uk という NTP サーバと同期していることがわかります。

設定ファイル /etc/ntp.conf を編集しなくて良いというのは楽でよろしい。

(Visited 30 times, 1 visits today)

Follow me!

暗号通貨 CtC の ICO ってなんだ?

海外旅行に行った時の余った小銭、また自宅に眠っている使わない小銭が暗号通貨の資産に変わる。

ビットコインを買うのはハードルが高いと思っている世代の子供達でも小銭をビットコインに変えれるのであれば、 気軽に暗号通貨に触れ合うきっかけになればと思って始まったのが CtC (coin to coin) プロジェクトです。

今回はより多くの人にその暗号通貨市場の成長、可能性を感じてもらえるように、ビットコインだけではなく、イーサリアム、そして CtC コインを準備しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です