[MacBook Air] JPEG形式の画像をロスレス圧縮するjpegtranをbrewコマンドでインストールする方法

jpegtran をインストールしようと思った理由

ブログを書いていると JPEG 形式の画像ファイルを記事内に貼り付けることがよくありますが、なにも考えずにペタペタと貼っていると、そのページの表示速度が遅くなる原因に繋がることを知りました。それで、遅くなる原因をなくすための方法の1つがロスレス圧縮して余分なデータを削減する(最適化する)ことだと知りました。

ロスレス圧縮とは?

Wikipedia で調べてみたんですが、よく考えると「ロスレス」な「圧縮」と言っているので、圧縮してもロスがないということは明白でした。w

画質の低下=ロス、がないという意味だと思います。ロスレス圧縮のことを可逆圧縮とも言うそうです。無劣化圧縮と考えてもいいかもしれませんね。

JPEG ファイルをロスレス圧縮できるツールが jpegtran

JPEG 形式のファイルをロスレス圧縮するには jpegtran をインストールするのが手っ取り早そうとわかりました。という流れで jpegtran をインストールしようと思ったわけです。グーグルも JPEG ファイルをロスレス圧縮するなら jpegran がおすすめと言っています。

MacBook Air に jpegtran をインストールする手順

ターミナルを立ち上げて brew コマンドで一発でインストールできます。

$ brew install jpeg
Updating Homebrew...
==> Auto-updated Homebrew!
Updated 1 tap (homebrew/core).
No changes to formulae.

==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/jpeg-8d.yosemite.bottle.2.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> Pouring jpeg-8d.yosemite.bottle.2.tar.gz
🍺  /usr/local/Cellar/jpeg/8d: 19 files, 731K
$ which jpegtran
/usr/local/bin/jpegtran
$

/usr/local/bin に無事インストールされました!

(Visited 81 times, 1 visits today)

Follow me!

暗号通貨 CtC の ICO ってなんだ?

海外旅行に行った時の余った小銭、また自宅に眠っている使わない小銭が暗号通貨の資産に変わる。

ビットコインを買うのはハードルが高いと思っている世代の子供達でも小銭をビットコインに変えれるのであれば、 気軽に暗号通貨に触れ合うきっかけになればと思って始まったのが CtC (coin to coin) プロジェクトです。

今回はより多くの人にその暗号通貨市場の成長、可能性を感じてもらえるように、ビットコインだけではなく、イーサリアム、そして CtC コインを準備しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です