Windows 7 の P2V (物理環境から VirtualBox 仮想環境へ) | Windows 7 を Macrium Reflect Free でバックアップする手順

Paragon Drive Backup で Windows 7 のバックアップができましたが、無事 P2V ができるのか不安があるのでもう1つ別のツールでバックアップをすることにしました。Macrium Reflect Free というソフトです。

まず、HDD を外付けし、ディスクの状態を確認します。

F ドライブが外付けの HDD でここにバックアップしていきます。

Macrium Reflect を立ち上げたところ

ここから左上の Backup -> Backup Windows… をクリックします。

そうするとこの画面になります。Toshiba の HDD の中に4つ領域があり、

  • 2 – System (None)
  • 3 – (C:)

の両方にチェックが自動で入っていました。Windows をバックアップするにはこの2つがあれば良いと Macrium Reflect が判断したのだと思います。

Destination の Folder から F ドライブを選択しています。Next > をクリックして次に進みます。

特になにも触らずに Next > をクリックしました。

バックアップ内容の確認画面みたいです。Finish をクリックしました。

今から何をしたいですか?と聞いてきました。
    • Run this backup now
    • Save backup and schedules as an XML Backup Definition File

にチェックが入っているのを確認して OK をクリックしました。

バックアップが始まりました。

 

バックアップ途中の写真をもう一枚。

 

 

終わりました!10 分もかからなかったようです。OK をクリックしました。

単なる確認画面でしょう。Close をクリックしました。

 

もとに戻ってきました。

 

F ドライブの中身を見てみると、Disk Partition image という種類で識別されています。これが Macrium Reflect で作られたバックアップファイルです。
(Visited 127 times, 1 visits today)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です