Linuxを動かしているパソコンのスペックを紹介

昨日ご紹介したPuppy Linuxですが、どんなパソコンで動かしていたのかをご紹介したいと思います。

Compaq 2210bというノートパソコンです。Windows XPがもともと入っていたパソコンです。CPUがインテルのCore 2 Duo T7500 2.20GHz、メモリーが4GB、ハードディスクが80GBです。

こんなノートパソコンです。↓

写真 2014-03-27 1 28 31
※今はなきCompaqのノートパソコン

写真 2014-03-27 1 28 47
※けっこう古くなっています。

このパソコンはもともと法人向けに販売されていたようで、なんと無線LANが標準搭載されていません!アンビリーバボーですよね。だから追加で無線LANカードを挿入してWi-Fi接続させています。

それがこちら。↓

写真 2014-03-27 1 33 23
※Logitecの無線LANカードです。詳細は覚えておらず。

このノートパソコンは2007年8月に発売されたモデルということですので、7年前のパソコンということですね。

これくらいの古さであればまだまだLinuxで再生することは可能だと思います。個人的な感覚ですが、CPUがCore2Duo以上であれば確実だと思います。Puppy Linux等の軽量リナックスであればもっと古いパソコンでもいけると思います。いつか古いパソコンでも動作確認したいですね。

というわけで今日はどれくらいのスペックのパソコンでリナックスが使えるかについてお伝えしました。

次回は、Puppy Linuxを設定していく話に入っていこうと思います。お楽しみに!

★★★ ご質問をお寄せください! ★★★

今回ブログでご紹介した内容、また、今回の記事とは関係ないけれど、リナックスやガジェット、その他もろもろについてご相談や、こんな時はどうするのですか?とか、何でも良いです。聞きたいことはいつでもコメント欄からお寄せください。

(Visited 223 times, 1 visits today)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です