[ThinkPad X201] SSD 換装&再インストールで Windows 7 標準機能「システムイメージの作成」を USB メモリーで試してみる。

Lenovo の ThinkVantage Tools で作成したリカバリーディスクで上手く起動させられなかったので今度は Windows 7 の標準機能でなんとかできないか?と考えていたところ、「システムイメージの作成」という項目があることを発見。これを試してみました。

まずコントロールパネルを起動します。

WS000000

「システムとセキュリティ」の下に「バックアップの作成」というのがあります。これをクリックします。

WS000001

そうすると、「バックアップと復元」ウインドウが表示され、その中に「システムイメージの作成」というのがあります。これをクリックします。

WS000003

次に「システムイメージの作成」ウインドウが表示されます。

システムイメージについての説明が書いてあります。「・・・コンピューターの復元に使用できます。」と書いてあります。それで、これが SSD 換装後の Windows 7 再インストールに使えるのでは?と考えたわけです。

X201 に USB メモリーを挿しこみ、「ハードディスク上」というプルダウンのところから該当の USB メモリーを選択しました。USB メモリーが選択できない場合「最新の情報に更新」というのをクリックすると現れてくると思います。

DSC_0051

今度は東芝製の USB メモリーを使用しました。16ギガあれば足りるのではないか?というなんとなくの感覚でこれを選びました。8ギガだと足りなそう、と思ったからです。

で、さきほどの「システムイメージの作成」ウインドウをよく見ると、「ドライブは有効なバックアップの場所ではありません。」と怒られてしまいました。どうやら USB メモリーではダメ(?)なようです。「次へ」がクリックできる状態になりません。

う〜ん。これもダメか。

ということで、次は「バックアップと復元」ウインドウに表示されていた「システム修復ディスクの作成」ができるかどうかを試してみたいと思います。

(Visited 2,340 times, 1 visits today)

Follow me!

暗号通貨 CtC の ICO ってなんだ?

海外旅行に行った時の余った小銭、また自宅に眠っている使わない小銭が暗号通貨の資産に変わる。

ビットコインを買うのはハードルが高いと思っている世代の子供達でも小銭をビットコインに変えれるのであれば、 気軽に暗号通貨に触れ合うきっかけになればと思って始まったのが CtC (coin to coin) プロジェクトです。

今回はより多くの人にその暗号通貨市場の成長、可能性を感じてもらえるように、ビットコインだけではなく、イーサリアム、そして CtC コインを準備しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です